特権

(Sun)

Posted in politics

人は知識がつくと知識のないものを見下す。そして優越をつける。特権を得たものが知識のないものを助けず支配する。道具のように人を扱い国を保つ。その国を保持する為に余所者は排除する故、殺傷能力の高い武器を競い合う。速く移動し、速く大量の人や物資を運ぶため、交通網が発達し、武器の売買と復興支援丸儲けで経済が潤う。工業化、機器や医療、細菌の発明による国の維持。戦争が国を大きく発展させる、と過去を賛辞しているホンモノの知識のない鼻垂れ爺さん達が、いまこの国の特権を得ている。恥ずかしい。6/14~15

新・大和撫子

(Tue)

Posted in politics

17238752_1461308533900170_138008427_n.jpg

3/5に晴れ豆緊急企画「「新・大和撫子」政治の話はしたらいけないんですよね。声の大きな女は嫌いですか」
大事なお時間を費やして来て下さった大事な友人に感謝致しますと共に、また20~30代を集めて別の企画をやりますので是非いらして下さい。ありがとうございました。

(Sun)

Posted in politics

あえて平仮名ですが="すぱい"というものは2重行動である。
偏った情報を信じてはならない。
内部告発をした人を守った国際ジャーナリストも本人も信用できない。
そういう世界なのだ。
ホンモノの天才と飛び切りスタイルの良い美女は利用される。
こどもを持たない選択をした者が他人の子どもを軍用ロボットにする。
徒党を組むものは権威が欲しい、人の為と言いながら”我欲”に後理屈をつける。だから信用出来ない。
飛び切りスタイルが良い美女とホンモノの天才のあなた、気をつけてね^^

沈黙

(Wed)

Posted in politics

遠藤周作「沈黙」を世界的に著名なマーティン・スコセッシ監督が撮ることによって世界的に日本の鎖国経緯、日本人の単一民族安定性、異物除外、組織性、閉鎖性、弾圧による改宗、棄教、無宗教化の現代と奥に秘めた残虐性が見て取れる、そのメッセージが詰っている。遠藤周作がTVに出、タレントにいじられ、本題の哲学が見えづらくなっていた80年代に読んで"衝撃"を受けた作品の一つなので、映画の見方も厳しくなる。

キリストのキも感じられないパードレ(宣教師役アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバーと、リーアム・ニー村)に違和感を感じずにはいられなかった。
http://chinmoku.jp