クーリーズクリークとバラカンさん

(Wed)

Posted in Art

21905646_1699069860124035_1363921130_n.jpg
ありがとうございました〜。

ビートルズのアートショーと、クーリーズクリークファイナルの企画とキューレーションに携われて光栄でした。
満員御礼で最後の最後まで楽しい時間でした。
みなさまに感謝致します。

前任者の展示の時に残っていた作品はアーティストに連絡してほぼ取りに来て頂く事が出来ました。

abstractart

(Wed)

Posted in Art

アークヒルズの有名オフィスに旅立ち。
ありがとうございます!
abstruct

Jonathan Barnbrook

(Fri)

Posted in Art

Jonathan-Barnbrook_David-Bowie_Blackstar_album-cover-art_dezeen_1568_03.jpg


鋤田さんから「アーティストの話だから」とご連絡頂き、三たびDavid Bowie isへ(もう行けないと思っていたので最後に巨匠のお誘いで決行致しました、大感謝です)。ブラックスターのデザインで、グラミー賞獲得したGデザイナー&ADのジョナサン・バーンブルックさんのトークショー。
深く複雑な事、哲学を、エンタテインメントとしてシンプルに面白くするボウイと最後仕事出来て光栄だったこと。録音は1発録りするのを知っていた私たちも、画像に関しては美術畑の人だから1発OKはなく、ラフの段階でいろいろ詰めた話を聞いて少し意外でもありました。プレゼン用に長いコンセプトを出すと却下、「それは不要」「感覚を大事に」と助言されたこと、★に隠された意味など惜しげもなく話してくれました。しかし出した作品に対しては、受け手が好きなように解釈するよう応えは敢えて公言せず。病床のボウイとジョナサンは入稿2週間前まで色々検討しあっていたというのは、熱いものを感じました。鋤田さんの「HEROES」の写真に何故白ラベルをつけたか、また何故鋤田さんに知らせる事が出来なかったのかもトークで解りました(とても気を使われていました)。

私はジョナサンのデザインが大好きでダミアン・ハーストの美術本や六本木ヒルズの初回デザイン本を買ってる。彼が美術家、音楽家としてのボウイの全てが、アルバムは全部好きだと公言する姿が愛おしかった!
この日の最後の回は思いの外、空いていて2回とも見られなかった画像を見られ、Bowieの最期を想い、そして心でバイバイしました。DavidBowie、鋤田さん、そしてSONYの皆様、ありがとうございました。
9日まで。

「坂本龍一設置音楽展」 Ryuichi Sakamoto Async

(Mon)

Posted in Art

17426244_1687128121302684_7269014900264419208_n.jpg

Watarium美術館
「坂本龍一設置音楽展」 Ryuichi Sakamoto Async 4月4日−5月28日


視聴会に参加させて頂いた。


『async』/ Ryuichi Sakamoto を拝聴。
空気の音、ピアノの音、独特の音階、遠い鐘の音、空洞、弦楽器、足踏み、風、木々etc 生きている中で聴いた事がある音に包まれる。オムニバスのストーリーが最初の曲、2曲目と、見事に脳内で映像化していく。そしてそのストーリーは聴けば聴く程、何作も出来ていく。故意に不安定な"非同期"なリズムであっても、教授マジックにかかると、美しい〜♫
http://www.watarium.co.jp
『坂本龍一設置音楽展』
Ryuichi Sakamoto Async 4月4日−5月28日
ワタリウム美術館2階ではその「async」に合わせて、高谷史郎さんのインスタレーション(ノーフォーカス&フォーカス写真)がブラインドカーテンのように個々のフレームから発光し、波打ちスライドしていく。観るものを魅了し、癖になる。
3階では教授のNYスタジオをインスタレーションをZakkubalan(NYの映像チーム)が、
4階ではタイ出身の映画監督&映像作家のアピチャッポン・ウィーラセタクンが『async』からイメージした映像「first light」を上映。地下はアナログを視聴できる。

TRIBUTE★TRIBUTE

(Mon)

Posted in Art

17555169_1480008715363485_1026363211_n (1)

物心ついたときから洋画と洋楽が好きでモノを作って来たクリエイター仲間、好きな音楽家への想いは募るばかり。
LOU REEDが亡くなったときから始まったこの企画。
LOUが亡き後、DAVIDが亡くなるとは誰が思おうか。
誰がDAVID BOWIE IS JAPAN開催時にBOWIEがこの世にいないと思おうか。
LOUを好きだからといってDAVIDを好きとは限らない(私もメタリカやローリーは響かない)。
なのでLOU展示参加のクリエイターにも音楽家達への想いをそれぞれに描いて頂きました。

あと2週間になりましたのでここで公開します。
私は「フリークラウドから来たワイルドな瞳の少年」を描きました。
TRIBUTE★TRIBUTE
場所:Coolie’s Creek クーリーズクリ−ク
東京都 港区白金1-2-6  03-6459-3313
OpenTime (日曜定休)
月-金 11:30-15:30 (14:30 FOOD L.O.) 18:00-24:00(22:30FOOD L.O.)

土曜 12:00-17:30 (15:00 FOOD L.O.)

土曜 祝日 17:30-24:00 (22:30 FOOD L.O.)