蔦屋

(Tue)

Posted in 未分類

蔦屋 代官山は、オープン前後から”もの作り”に携わる人達の間で相当な話題となっているスペース。
日を重ねるごと人混みと化している、らしい。

でも閑散としていたヒルサイド付近にまた活気が戻って来るのは良い事だわ~。

214.jpg

伊藤桂司さんの作品集
わたしは予約日にギャラリーに出かけていたので
大澤さんがネット予約してくれて、チカちゃん名義で
エディション付きの絵が入った100部限定を入手出来た。
送られて来たものをチカちゃんの仕事先まで取りに行ってくれたのはmaruちん。
桂司さんに報告すると「すごいリレー」って。
ほんと皆様ありがとーございます♡

215.jpg

階下は横山裕一さんの絵と作品集
シンプルで綺麗な飾り方。
青山ブックセンター、閉店しなくて良かったよねと、ふと思った。

218.jpg
下田昌克さんの絵と作品集

ファッション本や、写真本をセーブしながら少し観て

CDやDVDのコーナーに行くと検索意欲で鼓動が高鳴り、かなり気持ち悪くなって体調悪化。
なんだろう、いつものありすぎて疲れるという現象に見舞われる。

映画コーナーは諦め
ロックコーナーだけはチェック(義務なのか、笑)
グラムロックやプログレ、フォークも全部ジャンル分けになって
それぞれ詳しい人達が仕分けに関わったんだろう、レコファンが目に浮かぶw。

216.jpg
そして日本のコーナーではJPOPやJROCK以外に
[影響を与えた日本のロック]のコーナーがあり

217.jpg
ここに博多のバンドがゴッソリ、
すごい存在なんだなと改めて思う。
フラフラしながらも、満足して店を出る。

またゆーっくり行ってみよう~。

続きを読む »

yaccoさんと

(Sat)

Posted in 未分類

1972_45_uk_starman_sleeve_ads_music_480sq.gif

facebook&twitterでは宣伝してましたが、、、、、

http://shinsekai9.jp/2012/02/13/rftn/ 音楽実験室新世界

2月13日月曜日 エンドウソウメイさん企画
トークイベントに出演します~。

open19:00
start20:00


☆1部
スタイリストの草分け的存在、高橋靖子さんに
70年代ロックが与えたファッション界への影響や、
スタイリングしたDavid BowieやMarc Bolan、Iggy Popについての秘話をー。

★休憩
ノリノリの曲で、新世界の顔、ゲンタさんが作る
丁寧で美味しいドリンクをー。

☆2部
スタイリスト中村のんさんが飛び入りで、
もしかしたら写真家マーク東野さんと、
Iggy PopやNewYorkDollsやPunkについて当時の話をー。

よろしかったら観にいらして下さい。

祈りのツリープロジェクト報告会

(Sat)

Posted in 未分類

417418_342124432485258_100000631123275_1066393_428836501_n.jpg
以前も明記しましたが、被災地支援、グラフィックデザイナーとユニセフが始めた祈りのツリープロジェクト
デザイナーの紹介で何人かのイラストレーターも参加し、猫の展示の搬出後、報告会に行きました。
気仙沼の屋台村の話が出ていて、うちは親子でここの支援に参加していると思うと感慨深いものがありました。
続けないと意味が無い
続けないといけないんだ、と言うスタッフのお言葉がリフレイン。
カッコ良かった~あの人たち。
ご一緒出来て光栄でした。

御礼

(Sat)

Posted in 未分類

424167_340590729305295_100000631123275_1063450_448139793_n.jpg
gallery malleの企画展「文学に棲む猫」展 終了しました。

搬入前日は雨、搬入日は曇り、搬入翌日は大雪、
オープニングは雪解け&晴れ、なんともヒヤヒヤな初日界隈でしたが
2週間、寒波は続いたものの楽しい展示となりましたー。
お寒い中のご来廊くださった方々、お誘いくださった木川さん、ご一緒したメンバー、メールくださった皆様
本当に、本当に、ありがとうございましたー。

猫は17年共生していたので、わたしにとって子どものような存在で
猫からは多くを学び、
子どもたちも慈愛に満ちた気持ちを猫たちに教えてもらったと言います。

展示では猫と暮らしていた時だったからこそ読めた本を選出しました。
この企画展打ち合わせの11月に、
「わたしは大佛次郎と町田康の本を描きます」と宣言したほど。

動物と一緒に暮らして来た人の愛情は半端ないと勝手に解読し
動物を愛するすべての作家たちを,心から尊敬しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「猫のいる日々」
大佛次郎(おさらぎじろう)

猫好きは知らない人はいない文豪
横浜の大佛次郎記念館にも猫がいるので足しげくかよった
愛情深いご夫婦の会話も面白い




「猫とあほんだら」
町田康

皮肉れたパンクロッカー町田が
皮肉れた視点で猫をとらえながらも
家人の前では負け犬のように素直
10匹の命を救い、可愛がり猫のために働く日々



「アブサン物語」
村松友視

お酒の名前を付けられた猫は
一生涯を村松の元で凄す
猫と作家
双方の幸せを垣間みる作品
最期は号泣した




「ネコのヒゲは脳である」
養老孟司/島田雅彦

敬愛するお二人の「脳や世相の解析」
ネコとはそう関係ないないようだが
この二人であるため、ピックアップ
養老さんの書斎にいる大きな猫は相当可愛いがられている。
猫好きには解る愛情に満ち足りた顔つきである。