Open [おふく]

(Tue)

Posted in exhibition

unnamed (2)
DJシステムもある
「おふく」という和食屋
9月1日Openです。渋谷区神山町7-8

(Sat)

Posted in music

lady-gaga-0908.jpg
ガガもオスカーで訴えたけどレイプやセクハラで苦しむ弱者は計り知れないほど多く、青山ウィミンズクラブにも1時間置きに電話がなる事態。裁判官に男性が多いからか出来心など脅威の刑罰で許容する歴史が長いが、加害者は去勢か終身刑位の厳しい罰則でもいい。

副大統領が黒人差別に訴えた後に、このパフォーマンス。ここに出演した勇気ある人達は全員被害者。


P.S ただ親の謝罪会見はスタインベック"二十日鼠と人間"を思いおこさせる。

追記/9月某日
司法は甘い。残念。

「Rock or Die! 」

(Fri)

Posted in info

main.jpg
「Rock or Die! 」

狩野毅写真展@ギャラリーNP原宿 9/6-16
プロデューサーに誘われ36人の中に私も入ってます(OとCの間に私いるでしょ?w)。

ギャラリーNP原宿 Gallery NP Harajuku
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-13-11 NPビル3F
TEL.03-3486-6984 FAX.03-3797-6337 gallery@nationalphoto.co.jp
平日 10:00~18:00 土曜日 10:00~17:00 日祝休(展示により日曜開館あり)
※ナショナル・フォートの営業時間は、平日 9:30~18:30 土曜日 9:30~17:00 日祝休

(Wed)

Posted in film

シン・ゴジラ
破滅と復興など尤もらしい大衆映画への絶賛の流れがキツイ。
こんなに技術のある国がこんな映画で満足していていいのか?ええ?。まさにタイタニック現象だ。映画好きは誰も絶賛していないけど、プロパガンダと絶賛の流れで劇的な高収益。危険&恐ろしや大衆の絶賛。

mother

(Sat)

Posted in diary&blog

結局女性が表舞台に出てくる時は男性社会が作った権力組織と闘った者ではなく、その場に甘んじ、それ以上に冷酷で、男性達が嘲笑するほど、権力駆使できる「母性のない名誉好き」である事。イギリスの首相も、アメリカも間もなく、先に操られている韓国も(ドイツのメルケルは違う、民に寄り添う)。そして東京も、閣僚女性も守る人がいない人。
決してマザー・テレサではない。

nobody

(Thu)

Posted in diary&blog

オジサンは、自分の事をよく何かの戦士だったかのように言う。
その上、寂しがり屋で同じ意見の人を求め、自分の感動したことに感動しない若者を嘆く、ぼやく。

ロックがカッコ良かったのは大人に理解されないウルささで、大人が毛嫌いする汚さで、大人が入り込めない世界だったから。ロックを大人が批判し、レコードを焼き、頭っから軽蔑しバカにしていたカウンターカルチャーが、後世の子どもを元気づける音楽になった事。
いまそのオジサン(というよりオジイさん集団)の中に若者が居ないのをナニユエ嘆くんでしょう。
年寄りには理解出来ない遊びから学んでますって。それが一億総ハクチと言われようが、彼等は癒され学んでますって。
結局自分をまだ戦士だと勘違いしている自分好きは、感動した場所に若者が居ないと嘆く。そりゃいません。過去の力で若者の奇知を押さえつける年寄りは不要なんです、政治家みたいに。同じですって。はい。